あなたは普段、周りの人にどんな話をしていますか?

実はいい話をしていると良いことがあるんですよ。



どうも、カラクです。

今回は、いい話をしていると良いことがある、ということについて書いていきます。


いい話とは、聞いてる側が聞いてていい気分になる話です。


では、今回も行ってみましょう~!


いい話が集まってくる


あなたがいい話をしていると、あなたにもいい話が集まってきます。



「今日こんなことがあってね!凄い嬉しかったの!」


このような明るい話を聞くと、いい気分になりませんか?
僕だったらこのような明るい話を聞くと、人のことでもいい気分になります。
きっと、多くの人が一緒でしょう。

そして、このような明るい”いい話”を聞いていい気分になったら、
聞いた人も同じようにいい話をしてくれるでしょう。

「私もね、こんなことがあったんだよ♪」

こんな風に相手もいい話をしてくれて
いい話が集まってきます。


反対に、愚痴や不満など”よくない話”をしていると、よくない話が集まってきます。

人は共感というものを大事にするので

いい話が出た時はいい話を
愚痴の話が出た時には愚痴の話を

というように、似たような話をします。


なのでよくない話をしていると

「聞いて!私もね!ぷんぷん」

みたいに、相手も愚痴や不満などの話をしてきます。


いい話にはいい話が
よくない話にはよくない話が
集まってきます。


聞くなら、よくない話よりいい話の方が良いですよね。

愚痴や不満など暗い話を聞いていると、心に良くありません。

時には愚痴や不満を言ってストレスを発散させるのも大事です

ですが、愚痴や不満を言う時は「愚痴を言う時」と時間を決めて、
それ以外はなるべく愚痴や不満を言わないようにしましょう。

そしていい話をしましょう^^

そしたらあなたにいい話が集まってきます。

いい話を聞くと気分も良くなりますよ^^


印象が良くなる


いい話をしていると相手からの印象も良くなります。

聞いてる側もやはり、愚痴や不満を聞くよりはいい話を聞いた方が気分が良いでしょう。

愚痴や不満が多い人よりは、明るい話をしている人の方が好意的に見られるでしょう。

なので、いい話をしていると印象も良くなります。

お得な話を聞けることもある


いい話をして印象が良くなると、人に好かれますよね。

人は、好きな人のためになることをしたいと思っています。

好きな人のために何かしたい、自然な流れですね^^

なので、あなたのことが好きな人は、あなたのためになるお得な話をしてくれたりもするでしょう。

あなたがいい話をした流れで、お得な話をしてくれるかもしれません^^



こんな風に

いい話をしていると印象が良くなり
印象が良くなると人から好かれ
人から好かれるとお得な話を聞けることがあります。

終わりに


愚痴や不満を言うのも時には大事です。
なので、愚痴や不満を話す時間を作り、
その時間以外はなるべく愚痴や不満を言うのはやめましょう。

そしていい話をしましょうね^^

そしたらきっと良いことがあります。


では、この辺で。
カラクでした。