嫌な人のことを考える時間は無駄です!

この上ないくらい無駄です!

今回の記事はそんな記事です!


どうも、カラクです。

誰にだって嫌な人っていますよね。
僕もいます。
あなたもいるのではないでしょうか?


僕たちは嫌な人のことをついつい考えてしまいます。

日中ふとした瞬間に
夜、布団に入って寝るまでの間に
何かのきっかけで思い出した時に

ついつい考えてしまいます。

そしてストレスを感じます。

僕もそうなんですけど
ストレス感じてまで
何で嫌な人なのにこんなに考えてしまうのでしょう...

これって...

凄く無駄じゃありませんか...



嫌な人のことを考えてる時など
ストレスを感じてる時は熱くなっていますが

冷静になって考えてみると
嫌な人のことを考えるのって無駄じゃないか?と思えてきます。

だって、僕らの限りある大切な時間を「嫌な人に」使ってる訳ですからね。



目の前にもいないのに、嫌な人のことをひたすら考えている...

恋人か!!!

と自分にツッコみたくなります。


でも、ホントに恋人でも親友でもないんだから
考える必要なんてないですよね。

むしろ、嫌な人のことを考えてる時間を
恋人や友人などの大切な人を考えることに時間を使いたいですよね。


僕らの時間は有限です


僕らの時間は有限です。

20歳の人だったら80歳まで
60年しかありません。

60年です。

1年は12か月ですから

720か月です。

720か月。

気づいたらあっという間に終わってる1か月
720回。

日にちにすると
約21,900日

20歳の人が
80歳まで
21,900日

日にちにすると大体このくらいです。



このように時間は有限なのです。

貴重なものなんです。

大切なものなんです。



やっぱり

嫌なことに使うのはもったいないですよね。


大切な人のことをちゃんと考えていますか?


あなたは大切な人のことをちゃんと考えられていますか?

嫌な人のことはついつい考えてしまっても
大切な人のことは意外と考えられていない、なんてことがよくあります。



ある企業が

親と子ではお互いのことをどのくらい考えているのか?

ということを調べたんですが

結果、

親は実家を離れた子供のことを毎日考えると回答したのですが

実家を離れた子供の方は、親のことを思い出すのは週に1回ぐらいだと回答していました。


お互いに大切な人のはずなのに
子供の方は親のことをあまり考えていないみたいです。
大切なはずなのにです。



このように、人は大切な人のことを考えているようで考えられていないのです。


あなたはどうですか?


大切な家族、友人、恋人のことをちゃんと考えられていますか?


大切な人に何が出来るか?ということも考えていますか?


この機会にぜひ考えてみてくださいね。



では、この辺で
カラクでした。