メンタル弱いと生きづらい!!



何かと落ち込んでしまうし、傷つきやすいし、自分が本当はしたいと思うことも堂々と出来ない!



僕もメンタルが弱い人間の一人です。

実際に生きづらさを感じます。



メンタルが弱くたってやりたいことはあるし、自分の意見だってあるし、もっと伸び伸びと生きたい。
メンタル弱いと、自分が傷つきやすいのも分かってるし、落ち込んでしまうのが分かってるので、行動することにも奥手になっちゃいますよね。



そして困るのが人間関係。
人間関係はストレスが溜まりやすかったり神経を使うことが多いので天敵ですよね。



仕事なんかも大変ですよね。職場の人間関係がありますし。
ただでさえ仕事は大変なのに人間関係まで加わると、ほんっとにストレスになりますよね。

それでも仕事はしなければ基本的に生きていけないので、やるしかない...だから、仕事をする上でもメンタルが弱い人は辛い思いをしてることが多いのではないでしょうか...

また、一つの仕事が続かないこともあるのではないでしょうか。
仕事が続かない人はどうやって生きていくか



僕もメンタルが弱いのが原因で仕事が続きませんでした。




などなど、色々困ることがあります



とにかくメンタルが弱いと生きづらい。



なので今回は、メンタルが弱い人はどうやって生きていくか。メンタル弱い人の生き方を考えてみます。





メンタル弱いと困ること

メンタル弱いと困ることを挙げてみます。



・すぐ落ち込んでしまう
・コミュニケーションが奥手になってしまう
・やりたいことがあっても踏み出せない
・仕事が続かない



それぞれ見ていきましょう。

すぐ落ち込んでしまう

メンタルが弱くてすぐ落ち込んでしまうことの対策としては、メンタルを強くすることも大事ですが、それ以外にも出来る対策として

すぐ立ち直るというものがあります。




鳥さん鳥さん

メンタルが弱いとすぐ立ち直ることも出来ないんじゃ?!



と言われると確かにそうかもしれないけど...

でも、落ち込みやすくよく落ち込むのなら、落ち込んだ状態からすぐ立ち直ることが出来るようになるんじゃないか??



落ち込んでもすぐ立ち直ることが出来るようになれば、困ることも減るのではないでしょうか。



ということで落ち込んでも立ち直れる方法を見ていきましょう。

散歩などの軽い運動をする

散歩などの軽い運動はストレス発散になれます。

散歩は精神病の治療にも役立ちます。
つまり散歩は精神にいいということですね。

逆に運動不足は体にも精神にもよくないです。
体と精神は密接に繋がっていますからね。



落ち込んだ時も散歩をすることで辛さが軽減されるかもしれません。

人に話す

人に話す、相談するということも大事です。
人に話すことでストレス発散になりますし、
「自分の悩みを知ってくれてる人がいる」と思えるだけで気持ちが少し軽くなるものです。



心を病んでしまう人の傾向として
人に悩みを相談できない、というものがありますから
人に相談することはとても大事です。

未来の良いこと想像する

落ち込んでしまったときは、未来にある良いことを考えると頑張ることが出来ます。立ち直ることも出来るかもしれません。

あなたにも経験がありませんか?
「ああ、辛い...けど、〇〇があるから頑張ろう。」
みたいに、先にある楽しみを支えにして頑張れたことが。



やはり落ち込んでしまったときに自分の支えになってくれるのは何かの”希望”なんですよね。
希望があると何とか頑張れたりするものです。
逆に未来に希望がないと余計落ち込んでしまいますし、中々立ち直ることが出来ません。
なので、未来にある良いことを想像して希望を持ちましょう。



別に未来に良いことがない、っていう場合は妄想や予想でもいいんですよ

また友達から遊びの誘いが来るだろうな、と予想してみたり
どこか自分が行きたい場所に、未来で行くことを想像してみたり
今は結婚してなくとも、”未来で”結婚してることを想像したり



そうやって未来に良いこと、希望を作ってみることで心の負担が軽くなったり
立ち直るのが早くなったりするかもしれません。



鳥さん鳥さん

いつか可愛い奥さんと結婚するから今は頑張ろっ!



みたいに^^





コミュニケーションが奥手になってしまう

メンタルが弱いと傷つきやすいので、傷つくことを怖がってコミュニケーションでも奥手になってしまうかもしれません。

そうなってしまうと友達も中々出来なかったり、彼氏や彼女が欲しくても出来なかったりしますよね。



あとは自分の意見を言えなかったり、何かと不便ですよね。



コミュニケーションに関しては”考え方”が影響してくるので、考え方を変えてみましょう。

相手からどう見られてるか考えない

人と話すのが苦手な人の傾向で、「相手から自分がどう見られてるのかを考えてしまって上手く話せない」というのをよく耳にします。
相手からどう見られてるのか考えるのは良くないです

「どう見られてるか」なんて考えだしたらキリがないですし、最終的には人によって見方が違うので、どう見られてるかは相手にもよります。
ある人からしたら好印象でも、別の人から見たら印象が悪い、なんていうことも十分にあります。

なので、「相手にどう見られてるか」を考えるのはあまり意味がないです。



いえ、意味がないだけでなく
悪い影響を受けます。



どう見られてるかを考えるとそればっかり気になってしまい、会話に集中できないですし、緊張してしまって本来の自分の力を出せなくなってしまいます。



考えるべきなのは「どう見られてるか」ではなく、「何を話そうか」です。

失敗を恐れない

これは難しいですが、失敗を恐れながら臨むとむしろ失敗しがちです。

なので、失敗することを恐れないようにしましょう...と言っても難しいでしょうから、まずは「失敗することを考えない」「目の前のことだけを考える」ようにしましょう。



あとは、失敗は誰だってありますからね。あとあと出来るようになればいいんですよ。
最初から完璧にしようと思わない方がいいです。

他人は自分が思ってるより自分のことなんか気にしてないことを知る

人の目線とか、人が自分をどう思ってるかとか気にしてしまいがちですけど

案外、人は他人のことを気にしてません^^;



例えばあなたの周りに人はいっぱいいますよね?あなたの周りにあなた以外の人がいっぱいいるのに、あなただけをじっくり見ているなんてことはまずないでしょう。
あなただけのことを考え、頭の中で評論している人なんて中々いませんよ。



だから、あなたが思っているほど他人はあなたのことを考えていません。
これをあなたがどう思うかは分かりませんが
もっと肩の力を抜いていいんですよ。



あなたのちょっとした失敗なんていつまでも覚えていません。
もしかしたらその日のうちに忘れてるかもしれません。



だからもっと気楽にコミュケーションに臨んでみてください。

やりたいことがあっても踏み出せない

失敗することを考えたり、失敗して傷つくことを考えると、やりたいことがあっても中々踏み出せませんよね。
メンタルが弱いと特にそうなってしまうんじゃないでしょうか。



しかし、行動を起こしたりやりたいことをやるのは大事ですが、何も必ずやらなきゃいけない訳ではないんじゃない?と思います。
行動を起こしたりやりたいことをやるのは素晴らしいことなんですが、多かれ少なかれリスクがあるものです。
だから、必ずやらなきゃいけない訳ではないと思います。



リスクがあってもやりたいというのでしたら、それは本人の自由なのでやればいいと思います。



しかし、「リスクがあってもやりたいと思うんだけど中々踏み出せない」という方もいると思います。
なので、踏み出せる方法をみていきます。

人生は有限であることを知る

ここでいう「知る」というのは「改めて知る」ということです。
人は人生は有限であることを知っているようで忘れがちですからね。



やりたいことがあっても中々踏み出せない人は
今一度「人生は有限」ということを意識してみては?



後になってやらなかったことを後悔しないか?考えてみてください。

失敗しても次に活かせると考える

例え失敗したとしても次に活かすことが出来ます。
失敗があったからこその成功もあるかもしれません。

「失敗するんじゃないか」と考えるのではなく、「失敗しても次に活かそう」と考えてはどうでしょう?

仕事が続かない

僕はメンタルが弱くて仕事を続きませんでした。
同じようにメンタルが弱いことが原因で仕事が続かない人もいるのではないでしょうか。

仕事が続かないと困りますよね。



こちらの記事で仕事が続かない人はどうするか、について書いてみました。
仕事が続かない人はどうやって生きていくか
よかったら見てみてください。



仕事が続かない人は~の記事では

続けられる仕事に就けるまで仕事を変え続けるか
それとも仕事を続けられるようになるか

という内容で記事を書きました。




仕事を続けられるようになるには、やはりメンタルを強くするのが解決に繋がりやすいです。

メンタルを強くする

メンタルが弱くて悩んでいるなら、メンタルを強くするのが解決に繋がりやすいでしょう。
簡単ではないですが、少しずつやってみましょう。

では、メンタルを強くする方法をみていきましょう。

人に悩みを話す、仲の良い人と会話をする

一人で悩みを抱えていると、どんどん気持ちが重くなって精神的に疲れてしまいます。
精神的に疲れてしまったら、疲れてしまってるので心が弱くなってしまいます。
体と同じですね。

なので心を強くする、強いままにしておくのには悩みを人に話すことが大事です。




また、仲の良い人との会話はストレス発散になりますし、楽しいや嬉しいなどの気持ちは心を支えてくれます。
自分には仲間がいるという気持ちは人を強くしてくれます。
なので仲の良い人との会話は自分を精神的に強くしてくれます。

考え方を変える・受け取り方を変える

考え方や受け取り方を変えるとストレスが少なくなり、メンタルを強くしてくれます。

どういう風に変えるのかというと
簡単にいうとポジティブに考える、ということです。



メンタルの強い人はストレスの受け流し方が上手です。
つまりストレスの受け流し方を上手くできればメンタルが強い人になれるということです。



そのために必要なのが、ポジティブに考え、ポジティブに受け取るということです。



例えば仕事で怒られたときに
「自分は駄目なんだな...」
と思うか
「次は頑張ろう」
と思うかでは、かかるストレスが全然違います。



考え方を変えてみましょう。






では、ここまで読んでいただきありがとうございました。

カラクでした。